交通事故の前触れに気がつく方法

交通事故1

なぜか外出したくない時や、急に予定を変更したくなる時ってありますよね。後からニュースを見たら通るはずの道で交通事故が起きていたなんてことがあったら、思わず背中がヒヤリとするのではないでしょうか。ですが、それは交通事故が起きる前触れを感じることが出来たからではないでしょうか。

そこで、交通事故の前触れについて解説します。事前に感じることが出来たら、交通事故を避けることが出来るかもしれません。

交通事故で当て逃げに遭ったらどうする?逃げる加害者の心理と対処法

起床時の胸騒ぎ

朝起きたら、なんだか胸がザワザワする感覚を感じたことはないでしょうか。理由もないのになぜか不安を感じるような、ソワソワと落ち着かないという時には、外出を控えた方が良いのかもしれません。もちろん、胸騒ぎがするからといって全てが危険の前触れというわけではありません。

忙しかったり、ストレスが溜まっていたりすると不安感を感じるのかもしれません。ですが、本能的に危険を感じたことが胸騒ぎの原因の可能性もあるのです。朝起きた時に、なぜか落ち着かない気持ちになり外出に対して不安や恐怖を感じるという時には、安全に配慮した行動をとることが大切です。

胸騒ぎが起きた時には、不安な気持ちで一杯になり落ち着かないかもしれません。ですが、胸騒ぎが起きたことにより危機に関する意識が高まります。胸騒ぎは潜在意識がピンチを知らせてくれているのかもしれません。

なぜか違う道に進んでしまう

車9

いつも歩いている道なのに、なぜか目的とは別の道へ進んでしまうということがあるかもしれません。ですが、もしかしたらそれは交通事故の前触れかもしれません。人間には、第六感というものが備わっていると言われています。

第六感というのは、味覚や視覚などの五感を越える感覚で、理屈や言葉では説明しがたい感覚のことを言います。直感や勘といった感覚に近い状態を言います。なぜか進もうとしても違う道に行ってしまうという時には、第六感が働き事故の前触れを感じたのかもしれません。

どうしても進めない道があるという時には無理には進まず、違う道へ進むようにすると良いでしょう。第六感は、決して特別な人だけに備わっているというわけではありません。誰もが第六感を感じとることが出来るのです。

言葉や理屈ではなく、研ぎ澄まされた感覚で感じるものです。日頃から心を穏やかにして、第六感を感じやすくしておくのも良いのではないでしょうか。

迷信について知ることも大切

日本では迷信が広く知られています。そのなかには、縁起が悪いとされているものもあります。例えば、外出しようとしたら靴紐が切れたとか、櫛で髪をとかそうとしたら欠けていたとか、鏡が勝手に割れたという時には、事故の前触れかもしれません。

たかが迷信でしょ?と思う人もいるかもしれませんが、迷信というのは長い歴史の中で培われてきたものです。迷信を一通り知っておくということも必要です。そして、縁起が悪いとされることが起きた時は、もしかしたら交通事故の前触れかもしれません。

外出の時には、いつもより気持ちを引き締めて外出すると安心です。迷信は、書物やインターネットでも簡単に調べることが出来ますが、土地によっては言い伝えられかたが違うということもあるので、地元の年配者から聞くのも大切なことです。

意識しすぎるということはありませんが、迷信がなぜ言い伝えられているのかなどを詳しく聞くのも良いのではないでしょうか。

事故の夢が教えてくれること

事故の夢を見ると気分があまり優れないものです。そして、夢の中で事故を起こした場合は、もしかして事故を起こしてしまう前触れかと不安になってしまう人もいるかもしれません。事故の夢というのは、焦りや不注意、不安を表す夢でもあります。

日頃の生活の中で何かに焦ったり、些細な不注意が原因で交通事故を起こしてしまう可能性があります。事故を起こす夢を見た時には、交通事故の前触れかもしれないので、落ち着いた行動と細心の注意を払うことが何よりも大切です。

ですが、夢に見たからといってそれがそのまま現実になるということはほとんどありません。夢により自分の現在の心境を理解することが出来れば、交通事故を未然に防ぐことが出来る可能性もあります。事故の夢を見た時には、将来を不安に思うのではなく、将来の危機を回避出来るメッセージだと思って過ごすことが大切です。

車が不調で動かない

メンテナンスにもしっかり出しているし、ガソリンも入っているのになぜか車が動かないという時もあるでしょう。会社にも遅刻してしまうので焦るという人もいるかもしれませんが、そんな時はもしかしたら交通事故の前触れかもしれません。

普段から使い慣れている物が急に不調になったり、動かなくなるということを体験したことがあるという人は多くいるものです。そして、車にそういった不思議な現象が起きたという時には、車に関するトラブルが連想されます。

そんな時にはまずは車をしっかり調べたり、事前ルートの確認をすることが大切です。交通事故が起きる要因にはいろいろなことが考えられますが、人為的なものも多くあるのです。車が急に動かなくなったり不調になったりするというのは、もしかしたら見落としていることがあることへのメッセージの可能性も考えられますので、基礎的なことを見直してみるというのも良いでしょう。

頻繁にミスを繰り返す

交通事故11

車を長年運転していたのに、簡単な操作で手間取ったり、単純なミスを繰り返したりする時には、交通事故の前触れかもしれません。車の運転というのは、長く続けているからそれでいいというわけではありません。逆に慣れているからこそ些細なミスを起こすようになる可能性があるのです。

ほんの僅かな操作ミスを行ったことがキッカケで、後に大きなトラブルへと発展してしまうということも考えられます。車を運転している時には、常に緊張感を持っていることが大切です。いつも通る同じ道でも、いつも同じとは限りません。

不意に人が飛び出してくることも考えられますし、思わぬアクシデントの発生も考えられます。常に注意を払う必要があるでしょう。運転中の小さなミスは、早めに改善することが大切です。交通事故の前触れというのは、交通事故を未然に塞ぐことにも繋がります。

毎日の生活の中でも、交通事故について常に気にかけておくことが必要です。常に初心の心を忘れないでいることで、交通事故の前触れを感じやすくなるかもしれません。